Welcome

 

大企業の残業問題

電通の労働問題が話題になったのは有名ですが、今度は三菱電機の残業問題もニュースになっていましたね。


国としても労働問題に本腰を入れ始めたということでしょうか。
中小企業でしか働いてこなかった自分としては、大企業はホワイトなんだろうな〜と勝手に思っていましたが実情は違うのですかね。

 

本当にホワイトな職場もあるとは思いますが、大企業だって大変な職場は多いのでしょう。
一つ一つの企業が自主的に労働環境を改善するってのは現実的に難しいと思います。


国が最初は無理やりでもいいからきつめのガイドラインを作って、徹底するしかないかと。

最初はブーイングも出るでしょうが、そのうちそれが当たり前の環境になるかと。


人間ってのは環境に適応する生き物ですから。人間が作り出した企業という組織だって例外ではありません。
IT技術も発達しているし、工夫や仕組み次第で労働時間を削減することは多くの業種で可能なはず。

労働集約的なビジネスモデルだとしても業界全体で取り組めば今よりは状況は好転するんではないかと。


周りの目を気にする協調文化の日本だからこそ労働問題に対しては、一斉に取り組む必要があるでしょうねぇ。

ここ数年が勝負かと思いますが、関連のニュースには目を光らせていきたいです。